産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】今年は大学1、2年生がもう就活準備を始めている

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
今年は大学1、2年生がもう就活準備を始めている

就活生を対象にした立教大の合同企業説明・選考会。「就職率100%」は大学の就活支援担当者の悲願だ=9月、東京都豊島区の立教大池袋キャンパス 就活生を対象にした立教大の合同企業説明・選考会。「就職率100%」は大学の就活支援担当者の悲願だ=9月、東京都豊島区の立教大池袋キャンパス

 (1)(2)の理由で「3年から動き出しても遅い」と考える1、2年生が増えています。事実、今年は多くの1、2年生が内定塾主催の無料セミナーに参加しています。昨年までは10人前後でしたが、今年は既に100人以上の学生が応募しています。参加者に話を聞くと、3年向けのインターンシップや就活イベントにも積極的に参加しているようです。

 今後の不透明な日本の動向を考えると就活の早期化はますます進むかもしれません。しかし、学生には就活一本の学生生活は送らないでほしいと思います。就活は就職先を決める活動ですが、今後の人生を決める活動でもあります。就活一本になってしまうと自分の視野を広げるのが難しくなってしまいます。多くの経験を積んだからこそ見えてくることも多いのです。部活にサークル、留学、ボランティアなど就活以外にできることも積極的に取り組んでほしいと思います。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

続きを読む

「ニュース」のランキング