産経ニュース

【外交・安保取材の現場から】安倍首相が衆院選で訴えた北朝鮮への圧力路線 そこに込められた米国へのメッセージとは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交・安保取材の現場から】
安倍首相が衆院選で訴えた北朝鮮への圧力路線 そこに込められた米国へのメッセージとは

衆院選で北朝鮮に対する圧力強化の必要性などを訴える自民党総裁の安倍晋三首相=10月21日、東京・秋葉原 衆院選で北朝鮮に対する圧力強化の必要性などを訴える自民党総裁の安倍晋三首相=10月21日、東京・秋葉原

 安倍晋三首相(63)は「国難突破」を掲げた衆院選(10月10日公示-22日投開票)で、核・弾道ミサイル開発を続ける北朝鮮に対する圧力路線への支持を訴え続けた。それだけに、勝利した選挙結果は、圧力路線への支持だけでなく、「二度と北朝鮮にはだまされるな!」という国民の意志も示されたことを、首相と日本政府は忘れてはいけない。

 首相は選挙期間中に各地で行った街頭演説で、北朝鮮情勢に関し、1994年の米朝枠組み合意や、その後の6カ国協議などに触れながら、「皆さん、この20年間、私たちは話し合いのための話し合いは意味がないということを経験してきた。もう私たちにだまされる余裕はないんです!」と訴え続けた。

 首相の演説の通り、これまでに2度あった北朝鮮と国際社会の対話がいかに徒労に終わってきたか-。

 最初の対話は、1990年代前半の北朝鮮の核開発疑惑が発端だった。国際原子力機関(IAEA)などによる査察体制の脱退を示唆する北朝鮮に対し、当時のビル・クリントン米政権は空爆を計画し、北朝鮮の核施設への「ピンポイント攻撃」を検討したとされる。

 こうした状況を転換させたのが、1994年6月のジミー・カーター元米大統領(93)の訪朝だった。カーター氏と当時の金日成主席との会談を受け、北朝鮮はIAEA査察官の滞在を認め、軽水炉建設支援を条件に黒鉛減速炉を凍結することを受け入れた。米国側も国連安全保障理事会における制裁決議を中止し、米朝高官協議を再開すると発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍首相が衆院選で訴えた北朝鮮への圧力路線 そこに込められた米国へのメッセージとは
  • 安倍首相が衆院選で訴えた北朝鮮への圧力路線 そこに込められた米国へのメッセージとは

「ニュース」のランキング