産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【衆院選】田原総一朗氏、選挙特番で視聴者意見に激怒「野党が酷すぎるって何だよ!」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【きょう読まれているニュース】
【衆院選】田原総一朗氏、選挙特番で視聴者意見に激怒「野党が酷すぎるって何だよ!」

田原総一朗氏 田原総一朗氏

 きょう(10月24日)、読まれている記事ランキングです。

1位:【衆院選】田原総一朗氏、選挙特番で視聴者意見に激怒「野党が酷すぎるって何だよ!」

 22日に投開票が行われた第48回衆院選で、同日夜から23日未明にかけて生放送されたテレビ朝日系の開票速報特別番組「選挙ステーション2017」で、司会を務めたジャーナリストの田原総一朗氏(83)が視聴者から寄せられた意見に激怒する場面があった。【続きを読む】

2位:【阿比留瑠比の極言御免】あまりに国民をバカにしていないか? 野党とメディアも問われた選挙 民意無視の印象操作

 蓋を開けてみると自民党の完勝に終わった今回の衆院選は、5年近くにわたる安倍晋三政権の信任を問うものだった。【続きを読む】

3位:【衆院選】「元民進」105人当選 分裂前上回る 勝率は立憲民主70%超、希望35%

 衆院選では、事実上解党した民進党の出身候補者が希望の党、立憲民主党、無所属の3つに分裂し、選挙戦に臨んだ。民進党出身者計215人のうち5割近い105人が当選を決めた。【続きを読む】

4位:【衆院選】民進系無所属と参院民進、再合流視野に 立憲民主に連携訴え 「まず前原氏切り」

 参院民進党と衆院選を無所属で戦った民進党系前職は、立憲民主党との連携を進めるため、前原誠司代表に即刻辞任するよう求めている。【続きを読む】

5位:【中国共産党大会】習近平総書記も慣例は突破できず 盟友・王岐山氏、「68歳以上引退」の壁で留任かなわず

 【北京=西見由章】中国共産党の習近平総書記は党大会の焦点となっていた次期最高指導部人事で、自らの後継候補を昇格させない異例の決定に踏み切った。【続きを読む】

このニュースの写真

  • 【衆院選】田原総一朗氏、選挙特番で視聴者意見に激怒「野党が酷すぎるって何だよ!」

「ニュース」のランキング