産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

10月13日、韓国南部・釜山に入港した米原子力潜水艦ミシガン。北朝鮮による脅威の最前線にあるとの意識もあいまって、米国から軽視されているのではないかとの不満につながっている(ロイター) 10月13日、韓国南部・釜山に入港した米原子力潜水艦ミシガン。北朝鮮による脅威の最前線にあるとの意識もあいまって、米国から軽視されているのではないかとの不満につながっている(ロイター)

 一方で韓国政府は、中国の経済報復をめぐって今月の世界貿易機関(WTO)の会合で行う予定だった問題提起(提訴)を事実上、見送った。北朝鮮の核問題をめぐり「中国と協力すべき重要な時期」(韓国大統領府報道官)との判断が働いたのはもちろん、通貨スワップ協定延長で合意したことを受けて、WTOでの中国刺激を避けたとの見方が一般的だ。韓国メディアの多くは「ギブ・アンド・テーク」だとみなし、一安心している。

 ただし、中国の腹の中までは分からない。痛しかゆしどころか、厄介なことにならず、痛くもかゆくもないのだろう。

関係改善に期待も…

 通貨スワップ協定が延長されたことにより、韓国では「これを機に」(韓国紙)と中国との関係改善への期待が高まっている。しかし、現実は甘くない。

 THAADの配備地を提供したため、中国で袋だたきに遭った韓国ロッテグループの“被害”は甚大で象徴的だ。

 同グループ傘下のスーパー大手「ロッテマート」は、店舗前で抗議デモをやられるわ、不買運動の嫌がらせを受けるわ、中国当局の圧力で営業停止に追い込まれるわ、ついには中国国内店舗の売却作業に踏み切った。売り上げが前年より約1兆2千億ウォン(約1200億円)以上減るという。

続きを読む

このニュースの写真

  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ
  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ
  • スワップの次の関心→トランプ氏訪韓 日本と比較「たった1泊コリア・パッシング」のひがみ

「ニュース」のランキング