産経ニュース

【神戸製鋼会見詳報】自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【神戸製鋼会見詳報】
自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」

データ改ざん問題の会見で頭を下げる、神戸製鋼所の梅原尚人副社長=20日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影) データ改ざん問題の会見で頭を下げる、神戸製鋼所の梅原尚人副社長=20日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)

 同「精いっぱい頑張って、少しでも多くのお客さまに『安全』と言って頂けるよう努力したい」

 --経営陣が問題を把握した8月末以降の自主点検に危機感が欠けていたのではないか

 同「経営陣としては大変にショックだったが、その後の安全性検証、他の問題も正直に出していく、顧客が行う検証に必要なデータを出していく、そういったことを精いっぱい行ってきた。そうした中でこうしたことが起きた。本当に申し訳ありません」

 --納入先約500社のうち、安全性の確認はどこまで進んでいるのか

 勝川氏「具体的な数字は控えたいが、経産省から『2週間程度で』と指示されており、最大限努力している。まだ先が見えておらず、はっきりしたことは言えないが、お客さまの確認作業を全力で支援したい」

 --米司法当局に求められた資料提出は

 梅原氏「まだ要請内容を精査している段階だが、誠意を持って対応していく」

 --社内での監査はどのように

 山本氏「本社のものづくり推進部に品質統括室という監査専門部署を昨年11月に設置し、監査を行っている。品質マネジメント体制が構築されているか、スペックに合わないデータの取り扱が適切かどうか、抜き取り調査をしている」

 --隠蔽行為のあったアルミ押出品の用途は

 山本氏「お客さまと協議中のため、公表を控える」

 --用途を公表すると、納入先が分かってしまうということか

続きを読む

このニュースの写真

  • 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」
  • 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」
  • 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」
  • 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」
  • 自主点検で管理職らが妨害行為、社内通報で判明 新たな不正判明も「ありうる」

関連ニュース

「ニュース」のランキング