産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「英語」「資格」…就活に有利なの?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「英語」「資格」…就活に有利なの?

甲府市内で開かれた企業の合同説明会で、採用担当者の話を熱心に聞く学生たち=6月 甲府市内で開かれた企業の合同説明会で、採用担当者の話を熱心に聞く学生たち=6月

 就職活動の時期になると、学生の間で話題になるのが「英語能力」や「資格」の話です。理由としては2点あります。

 【(1)採用基準に英語力を求める企業が増えている】

 「TOEIC」はご存じの通り、ビジネス英語能力の試験ということで、多くのビジネスマンから学生まで人気の資格試験になっています。日本で既に30年以上実施されている歴史ある資格です。日本企業が近年「グローバル」というワードを多く打ち出すようになってから、必然的に新卒の就活でも英語能力が話題になっており、企業に提出するエントリーシートでも英語能力を記入する専用欄が設けられることも多くなっています。中には、「TOEIC730点以上」を応募条件の一つとして募集要項に記載する企業もあります。

 内定塾に通っている学生からも、毎年のように「TOEICは就活に有利なのか」「英語は就活のために勉強すべきか」という相談を受けます。応募条件に英語が必要と記載されているためですが、「英語ができる=企業に評価される」と勘違いしてしまうケースがあります。語学はコミュニケーションのツールでしかないことを理解してほしいと思います。個人的に「必要かどうかを考えている時点では勉強する必要はない」とアドバイスしています。

続きを読む

「ニュース」のランキング