産経ニュース

【野党ウオッチ】希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

会談を終え、握手する希望の党代表・小池百合子都知事と民進党の前原誠司代表=10月5日、東京都新宿区(飯田英男撮影) 会談を終え、握手する希望の党代表・小池百合子都知事と民進党の前原誠司代表=10月5日、東京都新宿区(飯田英男撮影)

 前原氏は10月5日、小池氏と都内のホテルで会談し、衆院選への出馬を熱心に説いた。「出馬する気はなかったが、民進党議員が命運を託す前原氏に説得された」として立候補を決断し、「小池劇場」がもう一幕開ける-。民進党から希望の党に移籍した候補は、こう期待したに違いない。

 自民党は「小池氏が出たらまずい」と危機感を募らせていたふしがある。5日には、私のもとに複数の自民党前職から「小池氏はやはり出るのだろう」「いつ前原氏と再会談するのか」などと問い合わせの電話がかかってきた。

 結局、小池氏は不出馬の態度を変えず、希望の党は誰が首相候補か分からないまま選挙戦に突入した。立憲民主党には希望の党に公認を断られた候補も入ったはずだが、結果的に「筋を通した」というイメージが定着した。

 希望の党は、現実的な安全保障政策を掲げたことで、将来の政権交代を望める素養は手に入れた。しかし、極めて不透明な党内の意思決定過程などを改めない限り、党勢拡大は難しいのでないか。

 ある自民党幹部は、一連の騒動をこう振り返る。

 「私たちは何もしていないんだよ。勝手に野党が盛り上がり、勝手に厳しくなったんだ。心臓に悪い芝居をドキドキしながらみていたら、いつの間にか大勝ムードになったんだ」

(政治部 水内茂幸)

このニュースの写真

  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか
  • 希望の党が失速したとされる原因は… 果たして二大政党制の一翼を担う存在になれるのか

関連トピックス

「ニュース」のランキング