産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【きょう読まれているニュース】
【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」

希望の党の候補者の応援演説を行う小池百合子代表(納冨康撮影) 希望の党の候補者の応援演説を行う小池百合子代表(納冨康撮影)

 きょう(10月15日)、読まれている記事ランキングです。

1位:【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈639〉】これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」

 先週ご本人のインタビューを「小池百合子激白『安倍の延命は許さない』」とやったと思ったら、今週(10月19日号)は「小池、緑のたぬきの化けの皮を剥ぐ!」。【続きを読む】

2位:【拉致被害者帰国15年】蓮池薫さん「北指導部は被害者を把握。再調査は不要」 単独インタビュー…近く交渉局面と分析

 北朝鮮による拉致被害者5人が帰国して15日で15年を迎えたのを受け、帰国者の一人である蓮池薫さん(60)が産経新聞の単独インタビューに応じた。「北朝鮮指導部は被害者が今どこに、どれだけいるか掌握している。『再調査』というのは必要ない」と言及、日本政府に対し被害者の生存や動向の情報収集に全力を尽くすよう求めた。【続きを読む】

3位:【WEB編集委員のつぶやき】朝鮮半島緊迫のさなか、日本に「歴史戦」を仕掛ける文在寅政権のえげつなさ

 それは異様な写真だった。韓国ソウルで、1カ月半余り路線バスに乗せられて一般客とともに市内を巡回していた「慰安婦像」5体が2日、日本大使館前に集合、既存の金属製の慰安婦像の横に並べられた。【続きを読む】

4位:【衆院選】地方の民進は「焼け野原」? 前原誠司代表、合流の真意訴え…枝野幸男氏との“友情”にも言及

 衆院選公示後、初の週末となった14日、民進党代表の前原誠司氏が希望の党候補者の応援のため、埼玉県と群馬県に入り、熱弁を振るった。野党再編に踏み切った理由を「焼け野原のような」地方の民進党の窮状などと説明、再編中に誕生した枝野幸男氏率いる立憲民主党については「残念」と評した。【続きを読む】

5位:【マッド三枝が行く!!・選挙区紀行 愛知7区】痛恨! 山尾志桜里氏のお詫び演説が見られなかった!!

 特急はなかなか米原に着かなかった。福井を発ったのは午後6時をとうに過ぎていたから、外を流れる景色は暮色が濃くなっていた。いつの間にか、眠っていた。「失礼します」車掌の声で目が覚めた。切符を渡すと、車掌の表情が険しくなった。【続きを読む】

「ニュース」のランキング