産経ニュース

【TVクリップ】櫻井翔 4年半ぶり連ドラ主演は校長役 勘を取り戻してやりがい実感

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVクリップ】
櫻井翔 4年半ぶり連ドラ主演は校長役 勘を取り戻してやりがい実感

「先に生まれただけの僕」(日本テレビ 土曜午後10時)

 4年半ぶりとなる連続ドラマへの主演で挑んだのは、35歳の校長役だ。

 「300人弱の全校生徒の前で話すのは、ちょっと緊張したなあ」

 こう、笑顔で語る。

 「学園ドラマって、3年B組みたいに1つのクラスを描くことが多いですよね。でも今回、僕の役どころは校長先生。全ての学年とクラスが相手になるんですよ」

 学園ドラマには違いないが、その筋書きは異色だ。舞台となる私立高校は、学級崩壊したヤンキー校でもなく、有名大学を目指す進学校でもない、総合商社が経営する不採算部門とされた「普通」の学校。物語では、経営立て直しのため、校長として赴任した商社マン、鳴海涼介が現職の教員らとの軋轢(あつれき)を生みながらも、教育への熱意を失った教育現場を改革して学校の魅力を高めていく。

 風間杜夫(副校長)や蒼井優(社会科教師)ら演技派が脇を固め、職員室の人間模様を描き出す。

 4年半のブランクは撮影が始まってすぐに取り戻すことができたという。

 「序盤では、あれ、どうやって演技してたかなっていう感じがあったけれど、2週間くらいでペースをつかめた」

 おのずと演技にも力が入った。

 「せりふが長くて、覚えるのがたいへんでしたけどね。生徒や保護者に語りかけるシーンは台本にして20ページ、撮影が15分間ノーカットで続きます。でも、やりがいがあった。いま、まさに自分が芝居をしているなあ、という実感を味わうことができました。撮影現場は映画を撮っているような空気感でしたね」

続きを読む

「ニュース」のランキング