産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈639〉】これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈639〉】
これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」 

希望の党の候補者の応援演説を行う小池百合子代表(納冨康撮影) 希望の党の候補者の応援演説を行う小池百合子代表(納冨康撮影)

 先週ご本人のインタビューを「小池百合子激白『安倍の延命は許さない』」とやったと思ったら、今週(10月19日号)は「小池、緑のたぬきの化けの皮を剥ぐ!」。

 これが、『週刊文春』、新谷学編集長の真骨頂だろう。さすがの小池百合子都知事も仰天しているのではなかろうか。

 内容は希望の党結党のいきさつが中心でどこかで聞いた話ばかり。

 〈「小池氏が大きな決断をする時は必ず『女の直感』」(小池氏側近)〉

 〈「小池氏はこれまで細川護煕氏や小沢一郎氏、小泉純一郎氏と、時の権力者にすり寄るばかりで、自らがリーダーになる経験に乏しかった。政党など大きな組織を統率するには、ある程度側近に調整や根回しをまかせるしかない。しかし、小池氏にはそれができない。連合の神津氏も『若狭や細野とかの側近が駄目だ』と嘆いていましたが、小池独裁のため、彼らには権限がなく、持ち帰るしかないのです」(政治部デスク)〉

続きを読む

このニュースの写真

  • これが「週刊文春」の真骨頂 持ち上げてから「化けの皮を剥ぐ」 

「ニュース」のランキング