産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】専守防衛も非核三原則も放棄せぬ日本 中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ「被虐国家」だ!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
専守防衛も非核三原則も放棄せぬ日本 中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ「被虐国家」だ!

 つまり、旧ガイドラインにあった《米軍は、必要に応じ、打撃力を有する部隊の使用を考慮する》との、敵基地攻撃を明記していた条項が新ガイドラインでは削除。全面戦争を除く《弾道ミサイル防衛作戦》においては、日米《共同作戦》の下、自衛隊が《主体》となるのである。

 と、ここで「戦略」も「適正戦力」も確保できない肝心要の因子に触れていなかったことに気が付いた。専守防衛や非核三原則に加え、わが国の抑止力を阻害している因子の、少なくとも3つ目は「カネ」だ。

 「盾」のみならず「矛」も担わなければならぬ今、防衛予算の飛躍的増額は不可避。GDP(国内総生産)の1%以内に抑える「神話」は、軍事的合理性や経済理論をベースにはじき出された結果ではない。むしろ、米軍依存を国際社会に公表する、論理的裏付け無き恥ずべき数字だった。

 NATO(北大西洋条約機構)諸国の目標たるGDP比2%への増額を主張する安全保障関係者も多いが、考え違いもはなはだしい。2%の増額は、安全保障環境が全く違う欧州を、分析もせずに真似ただけの「第二神話」でしかない。おまけに、2%でも焼け石に水。

 専守防衛に非核三原則にGDP1%神話…。わが国は安全保障に思考停止したままで、世界に類を見ぬ「安全保障政策もどき」を次々に打ち出してきた。元凶を探すべくさかのぼると「ケンポー」にたどり着く。

 前文にはこうある。

 《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと『決意』した》

 『決意』して誕生したのは、国防の手足を自ら縛り、中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ異常な性癖を、さも自慢げに堅持する「マゾ(被虐)国家」であった。

このニュースの写真

  • 専守防衛も非核三原則も放棄せぬ日本 中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ「被虐国家」だ!
  • 専守防衛も非核三原則も放棄せぬ日本 中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ「被虐国家」だ!
  • 専守防衛も非核三原則も放棄せぬ日本 中国や北朝鮮にいたぶられるのを待つ「被虐国家」だ!

「ニュース」のランキング