産経ニュース

【iRONNA発】ラスベガス銃乱射 米国の銃規制を阻む「最強のラスボス」 前嶋和弘氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
ラスベガス銃乱射 米国の銃規制を阻む「最強のラスボス」 前嶋和弘氏

銃乱射事件の犠牲者を悼み、目抜き通りに並んだ十字架=6日、米ラスベガス(共同) 銃乱射事件の犠牲者を悼み、目抜き通りに並んだ十字架=6日、米ラスベガス(共同)

 「アメリカは腐っている」。米ラスベガスで起きた銃乱射事件について、ビートたけしがテレビ番組で米国の銃社会をこう揶揄(やゆ)した。日本人的な感覚で言えば納得できるが、これほどの惨劇が起きても米国では銃規制論議が進まない。なぜか。(iRONNA)

 米国で現在、利用可能な銃火器の数は、アルコール・たばこ・火器および爆発物取締局(ATF)の推計によると、2009年のデータで推定3億1千万丁以上あり、生産数はこの10年間で特に伸びている。

 今回の事件で逆に自衛のために銃販売数は急伸していくであろう。銃は比較的小さめの銃火器店で販売されることもあるが、近年では総合型の大型小売りチェーンでの販売も目立っている。最大手であるウォルマートは今や世界最大の銃火器小売店となっており、クリスマスプレゼントを購入する感覚でライフルを買う人も多い。

 では、なぜ銃が増え続けるのか。日本では「全米ライフル協会が強いから」と指摘されることが多いが、それだけが原因ではない。その理由は、大きく分けて3つ考えられる。

マッチョ的思考

 第一に、「銃がどうしても必要」と感じる地域が多く存在することである。そもそも米国は日本の国土の25倍もある。想像すれば分かると思うが、都市部を除き警察などを呼んでもすぐに駆け付けてくれない。そのため、どうしても自衛しなくてはならないという意識が開拓時代から続いている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ラスベガス銃乱射 米国の銃規制を阻む「最強のラスボス」 前嶋和弘氏

関連トピックス

「ニュース」のランキング