産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった

 公職については2014年3月の最高人民会議代議員選挙のとき初めて北朝鮮メディアに「党中央委の幹部」と名前が紹介され、その後、党宣伝扇動部副部長に就任していることが確認された。人民への政治教育が最優先の北朝鮮にあって党宣伝扇動部は中枢の重要部署で、最高指導者の偶像化と政治宣伝(プロパガンダ)を主任務とする。兄妹の父、金正日も、権力掌握過程で1973年から長期間にわたって宣伝扇動部書記を担当し、政敵を駆逐する粛清を行ったことで知られる。

 与正氏は党宣伝扇動部だけでなく軍政党の幹部人事、監視、粛清、人民掌握などをつかさどる党組織指導部に「関与している」との複数情報があることから、2年前から北朝鮮専門家の間では「与正氏は事実上のナンバー2か」と観測されていた。

 韓国紙「朝鮮日報」は与正氏が「金正恩氏に叱責された重鎮幹部と会い、不満解消をするなど幹部の人心掌握に努めている」との情報を伝え、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長らが与正氏に敬礼していることなども確認されていた。

「息子だったら権力を譲りたいほど聡明な娘」

 父、金正日は与正氏を「息子だったら…」と言ったとされるが、政治好きと大胆な性格は正恩氏、与正氏に共通していたらしい。3歳違いの2人は1996年~2000年、ほぼ同時期にスイスに留学、兄は「パククン」、妹は「チョンスン」の偽名で大使館職員の子弟として一緒に過ごした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった
  • 金与正氏は正恩氏のアクセルかブレーキか 北の“兄妹政権”が始まった

「ニュース」のランキング