産経ニュース

【小池百合子知事定例会見録】「2020大会、『食』で盛り上げたい」都庁食堂で競技開催地のご当地メニューを提供

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池百合子知事定例会見録】
「2020大会、『食』で盛り上げたい」都庁食堂で競技開催地のご当地メニューを提供

 「2020年大会の開催、1000日前ということも控えておりますので、今後ますます大会準備は加速していきたいと考えています。で、全国の自治体と連携して、『食』、食べるほうですけれども、その力で日本全体を盛り上げていきたいという、こういう考え方でございます。これがまず1件」

 「次が海外出張についてのお知らせでございます。11月15日(水曜日)から17日(金曜日)まで、今回はシンガポールへ出張することといたします。これは、シンガポール政府から、リークアンユー・エクスチェンジ・フェローシップという、その組織からのご招待ということでございまして、これでシンガポールを訪問することといたします。このフェローシップですけれども、海外から国や都市の発展を担う人物をシンガポールに招待をして、シンガポールの経済、社会インフラなど、整備などに関してのさまざまな取組への理解を深めてもらおうというものだそうでございます。大変光栄に感じるところであります」

 「フェローシップにおける、このプログラムの中は、シンガポールの要人との面会、視察などもさせていただくこととなりまして、また、シンガポールの取組を直接体験したいと考えております。例えばシンガポールで有名なのは水ですね。トイレの水も飲むと、飲めるぐらいに浄水化するということでも有名でありますが、もっとも、使われているのは日本の技術だったりもするのです。そういったことなど、戦略的な国家運営で知られるシンガポールでございますので、改めて、東京よりも小さい都市なのだけれども、非常に活発に行っているということで学ぶ点も多いかと思っております。私も何度も行っておりますけれども、改めてご招待を受けて、今日の一番新しいところのシンガポールを確認していきたいと、このように考えております」

 「それから、せっかくということで、シンガポール国立大学から講演のご依頼がございます。シンガポール国立大学というのは、さまざまなランキングでアジア・ナンバーワンと評価される世界有数の大学でございます。優秀な学生を輩出している大学でございますので、そこでしっかりと日本の考え方などについて講演し、また、意見交換をしていきたいと考えております」

 「それから、モルガン・スタンレーの主催になりますけれども、アジア・パシフィック・サミットというものが開かれます。アジア・パシフィック・サミットで、投資家とか企業の方々が大々的に参加するイベントということもあり、この後、東京の国際金融都市構想に関しての懇談会が開かれますけれども、そういった中身を、むしろPRをしてくるつもりでございまして、外国企業の誘致、投資を促してまいりたいと考えています」

 「シンガポールについては、改めて言うまでもなく、国際金融都市としてもトップクラスでありまして、一時期は東京がトップだったのですけれども、いつの間にかシンガポールに抜かれてしまったなどということもあります。改めてシンガポールの今の状況を見ていきたいと考えております。シンガポール出張、11月15日(水曜日)から17日(金曜日)ということでございます。詳細は、政策企画局にお聞きください」

続きを読む

「ニュース」のランキング