産経ニュース

【大人の遠足】食品自販機のオートレストラン 人気のヒミツは…インベーダーゲームなど備えた昭和のゲームコーナー 埼玉・行田市の鉄剣タロー

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大人の遠足】
食品自販機のオートレストラン 人気のヒミツは…インベーダーゲームなど備えた昭和のゲームコーナー 埼玉・行田市の鉄剣タロー

オートレストランでは、天ぷらうどんを食べる男性の姿が見られた=埼玉県行田市下忍 オートレストランでは、天ぷらうどんを食べる男性の姿が見られた=埼玉県行田市下忍

 埼玉県行田市内の国道17号を車で走ると、「鉄剣タロー」と書かれた古い看板が目に入る。昨今にわかにブームとなっている食品自動販売機でうどんなどを提供するオートレストランだ。店内には「インベーダーゲーム」や「ストリートファイター」といったゲーム機が並び、昭和後期から平成初期のゲームセンターを想起させる。

 24時間365日

 同店で稼働している自販機は10台(飲料含む)で、主な商品は天ぷらうどん、チーズバーガー、ハムサンドの3つ。うどんは300円で、他2つは220円。うどんの自販機に300円を投入すると、「調理中」という文字とともに完成までの時間が表示される。出てきたきたうどんは温かく食べやすい温度で、だしの効いたスープの味が心地よい。

 ゲーム機はほとんどが20年以上前の機種で、最近のゲームセンターではめったに見かけないものばかりだ。時代背景なのかマージャンのゲームが多くなっているが、「ボンバーマン」などポピュラーなゲームもある。当時の雰囲気を漂わせており、遊べばもちろんのこと、遊ばずとも懐かしさを感じられる。

 店内で出会った武蔵村山市の製造業、西森諒さん(24)は「以前ツーリングしていたときに来たことがあって、気に入ったのでもう1度来てみた。うどんがおいしかった」と言いながら、店内の風景をカメラに収めていた。

 他にもカメラを持参する人が散見された。レトロな雰囲気は訪れた客を魅了するに留まらず、映画などのロケ地として使われることも多い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 食品自販機のオートレストラン 人気のヒミツは…インベーダーゲームなど備えた昭和のゲームコーナー 埼玉・行田市の鉄剣タロー
  • 食品自販機のオートレストラン 人気のヒミツは…インベーダーゲームなど備えた昭和のゲームコーナー 埼玉・行田市の鉄剣タロー

「ニュース」のランキング