産経ニュース

【競馬通信】凱旋門賞で日本馬は惨敗だが… 海外馬券発売1年の総決算でみえた拡大へののろし 現金で買える日も近い?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【競馬通信】
凱旋門賞で日本馬は惨敗だが… 海外馬券発売1年の総決算でみえた拡大へののろし 現金で買える日も近い?

凱旋門賞で見せ場なく15着に敗れたサトノダイヤモンド(9)。またも日本馬制覇の悲願は持ち越された=10月1日、シャンティイ競馬場(奈良武撮影) 凱旋門賞で見せ場なく15着に敗れたサトノダイヤモンド(9)。またも日本馬制覇の悲願は持ち越された=10月1日、シャンティイ競馬場(奈良武撮影)

 「たくさんのファンの方にご参加いただき、感謝しています」とJRA広報室。「個々のレースに対する注目度や、深夜になるといった発売の時間帯などでばらつきはありますが、世界における日本馬の実力を見るうえで関心は高いのだと思われます」

 極端な落ち込みを記録しなかったことに自信を深め、JRAでは今後のさらなる売り上げアップを視野に入れている。

 将来的には現在のインターネット投票による発売だけでなく、現金でも馬券を購入できるようにシステム改良に取り組んでいることが発表された。「現金での馬券発売となると窓口での扱いになりますが、時間をどうするのかなどはこれからです」(JRA広報室)

 具体的にいつから現金による馬券発売が実施されるかは分からないが、何事も“現金主義”の日本では、売り上げ拡大には欠かせない手段になるかもしれない。

 ■凱旋門賞 フランスのロンシャン競馬場で開催される世界最高峰レースの一つ。1920年10月3日に第1回が開催。例年10月の第1日曜日に芝2400メートルのレースとして実施されている。フランス語では「Prix de l’Arc de Triomphe」。昨年と今年はロンシャン競馬場が改修のため、シャンティイ競馬場で開催された。日本馬は1969年のスピードシンボリ(着外)から延べ22頭が挑戦。2012、13年に出走したオルフェーヴルなど4度の2着が最高で、いまだに勝利がなく、優勝は日本競馬界の悲願になっている。賞金総額は500万ユーロ(約6億6000万円)、1着賞金は285万7000ユーロ(約3億7700万円)。

   □海外馬券発売レースと売り上げ□

  レース日      レース名        売り上げ

2016・10・2  凱旋門賞(仏)    41億8599万円

     11・1  メルボルンC(豪)  6億9737万円

     11・6  ブリーダーズC(米) 8億596万円

     12・11 香港ヴァーズ     4億8756万円

           香港スプリント    5億5810万円

           香港マイル      8億9661万円

           香港C        18億8326万円

2017・3・25  ドバイターフ     5億7121万円

           ドバイシーマ     6億3023万円

           ドバイワールドC   13億7962万円

     4・30  香港QE2C     7億9847万円

     6・11  ベルモントS(米)  5億9909万円

     10・1  凱旋門賞(仏)    34億4333万円

※日付は日本時間。売り上げは1000円未満切り捨て

このニュースの写真

  • 凱旋門賞で日本馬は惨敗だが… 海外馬券発売1年の総決算でみえた拡大へののろし 現金で買える日も近い?
  • 凱旋門賞で日本馬は惨敗だが… 海外馬券発売1年の総決算でみえた拡大へののろし 現金で買える日も近い?

「ニュース」のランキング