産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「もっといいところがあるのでは?」入社の決断に必要な4つのコト

りそなホールディングスが開いた内定式=10月1日、東京都港区(春名中撮影) りそなホールディングスが開いた内定式=10月1日、東京都港区(春名中撮影)

 2日には多くの企業が内定式を開きました。例年なら1日に開催されますが、今年は1日が日曜日だったこともあり2日にずらす企業が多かったのです。

 内定式は、選考で内々定となった学生に対して、倫理憲章で定められた「10月1日以降」に正式に内定を通知するイベントです。

 ただ、内定式に対する企業と学生のそれぞれの思惑は異なります。企業は「入社意欲の維持・醸成」「学生から社会人への意識変革」などを目的とします。一部では、入社後必要な社内資格などをテストしたり、入社後の配属先を決める面談をしたりするケースもあります。

 一方、学生側は先輩社員や同期と交流を深め、漠然とした不安を払拭したいと考えて、参加する傾向が強いです。企業や社員、同期に対する理解を深めて、徐々に社会人になる準備を行っています。

 しかし、まだ入社する会社を決めかねている就活生も少なくありません。

 「本当にこの会社でいいのだろうか?」「他にいいところがあるのではないか?」「もう1年就活を続ければさらに良い企業から内定を獲得できるのではないか?」

続きを読む

「ニュース」のランキング