産経ニュース

【iRONNA発】解散の大義 政治は「人として踏むべき道」を進んでいるか 川上和久氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
解散の大義 政治は「人として踏むべき道」を進んでいるか 川上和久氏

衆院解散を表明した安倍晋三首相の記者会見を伝える街頭テレビ=9月25日午後、東京・有楽町 衆院解散を表明した安倍晋三首相の記者会見を伝える街頭テレビ=9月25日午後、東京・有楽町

矛盾する野党

 今回の解散は言うまでもなく、安倍首相が「このタイミングなら勝てる」と踏んだ憲法7条第3項による解散だ。既成野党はというと、これまで散々「解散して信を問え」と言っておきながら、安倍首相のタイミングでの解散ということになると気に入らないらしい。

 今年7月の東京都議選で自民党が惨敗したときには、民進党の蓮舫代表(当時)が会見で「解散・総選挙はいつでも受けて立つ。衆院解散に追い込みたい」と語っているし、社民党の又市征治幹事長も「内閣改造でごまかそうとしているが、解散・総選挙を打たざるを得ないところに追い込むことが大事だ」と強調している。

 共産党も8月下旬の時点で「安倍政権に対する怒りの声が全国に広がり、あと一歩で安倍政権を打倒できる。臨時国会で安倍政権を追い詰め、解散に追い込もう」と力を込めている。

 ところが、首相の解散の意向がメディアで報じられると、民進党の前原誠司代表は、受けて立つが、北朝鮮の緊迫した状況での政治空白、森友・加計問題での国会での説明不足などを挙げて「自己保身解散」とこきおろした。幹事長に登用しようとした山尾志桜里議員のスキャンダルが、解散の引き金になったという反省はどうやらないようだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 解散の大義 政治は「人として踏むべき道」を進んでいるか 川上和久氏

「ニュース」のランキング