産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  

手を振りながら大統領専用機エアフォースワンに乗り込むトランプ米大統領=8月22日、米アリゾナ州ユマ(AP) 手を振りながら大統領専用機エアフォースワンに乗り込むトランプ米大統領=8月22日、米アリゾナ州ユマ(AP)

 管制室では発射までにこんな手順を踏む、という。

 (1)発射の必要に際し、スピーカーが「ピーピーピー」という音を発する。

 (2)音に続き、暗号無線でパスコードを含むメッセージを受信する。

 (3)2人の管制官が受信メッセージを書き取り、互いに見比べてメッセージが正しいか確認する。

 (4)続いて、2人の幹部管制官が自分しか知り得ないパスコードをおのおの入力して金庫を開ける。

 (5)金庫にはカード7枚が入っている。

 (6)カードにはパスコードが刻まれ、パスコードと先に無線で傍受したメッセージに含まれるコードが一致すれば、ミサイル発射命令が演習ではなく、実戦であることが実証される。

 (7)命令を確認するや、管制官が2人でカギを差し込み、回すのだが、鍵穴は離れた場所にあり、単独での発射を阻む仕組みになっている。

 (8)2人で同時にカギを差し込み→回し→そのままの状態を5秒間維持する。特に、管制官がカギを差し込んでから2秒以内に、相方の管制官がカギを差し込む行動も要求される。

 逆説的には、大統領の核兵器発射命令を阻止するには、関係者の造反が不可欠となる。 

 (9)最後は、ダイヤル式のカギでミサイル解除コードを入力すればミサイル発射準備が完了する。段階的に複数種のランプが点滅し、最後の点滅を迎えると解除は不可能になる。

 なお、ダイヤル式のカギには16個のアルファベットを持つ6つのダイヤルが並び、気の遠くなるような組み合わせの中で、発射解除コードはたった一つだけ。誤発射を防ぐ安全装置となっている。

 (10)そして、いよいよ発射サイロのフタが開くと…

続きを読む

このニュースの写真

  • トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  
  • トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  
  • トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  
  • トランプ米大統領は核使用を「核のボタン」ではなく「ビスケットとフットボール」で命ずる!?  

「ニュース」のランキング