産経ニュース

【きょう読まれているニュース】【ソウルから 倭人の眼】反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【きょう読まれているニュース】
【ソウルから 倭人の眼】反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

9月7日、訪問先のロシア極東ウラジオストクでの経済フォーラムに参加した文在寅大統領。北朝鮮との対話路線の限界が露呈し、中国との関係も悪化する中で、憮然とした表情を浮かべた(AP) 9月7日、訪問先のロシア極東ウラジオストクでの経済フォーラムに参加した文在寅大統領。北朝鮮との対話路線の限界が露呈し、中国との関係も悪化する中で、憮然とした表情を浮かべた(AP)

 きょう(9月23日)、読まれている記事ランキングです。

1位:【ソウルから 倭人の眼】反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

 就任から4カ月半となる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の口から、日本を批判する言葉がほとんど出なくなった。5月に大統領に当選するまでは、慰安婦問題などであれほど日本への嫌悪感を露骨に示していたというのに、北朝鮮の核・ミサイル問題に加え、中国との関係悪化などで今や「反日」どころではないようだ。【続きを読む】

2位:【日米韓首脳会談】針のむしろだった文在寅大統領 トランプ米大統領と安倍首相の連携プレーにタジタジ… 「ハッピー・バースデー」で絆の演出も

 21日に開かれた安倍晋三首相、米国のトランプ大統領、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の日米韓首脳会談は、表向きは3カ国の結束をアピールした。だが、内実は、北朝鮮になお融和的な態度を続ける文大統領を日米両首脳がジワジワと締め上げる「査問」の場だった。【続きを読む】

3位:仁科亜季子さんを恐喝未遂 容疑の暴力団関係者を強制捜査へ 警視庁

 今年1月に亡くなった俳優、松方弘樹さんの元妻で女優の仁科亜季子さん(64)から金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁が恐喝未遂の疑いで暴力団関係者ら数人について強制捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、関係者への取材で分かった。【続きを読む】

4位:【産経抄】「ソウルを危機にさらさず北に軍事的対応可能」 有言実行のマティス氏の指摘の方が恐ろしかったのではないか 9月23日

まるで漫才のギャグのようなセリフだといえば、不謹慎だろうか。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が21日、初めて直々に発表した対米非難声明のことである。「史上最高の超強硬対応措置の断行」とここまで読むと勇ましい限りだが、この後「を慎重に考慮する」と続く。尻つぼみぶりに焦慮がにじむ。【続きを読む】

5位:【WEB編集委員のつぶやき】朝日も民進も「大義がない」とは能天気だ 「北朝鮮危機」に決まっているではないか!

 「衆院解散に大義がない」。野党や一部マスコミが口をそろえるが、能天気すぎやしないか。北朝鮮のミサイルが日本の頭上を2度も飛んでいる。この「北朝鮮危機」にどう対応するかが「大義」に他ならないではないか。【続きを読む】

関連トピックス

「ニュース」のランキング