産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

9月7日、訪問先のロシア極東ウラジオストクでの経済フォーラムに参加した文在寅大統領。北朝鮮との対話路線の限界が露呈し、中国との関係も悪化する中で、憮然とした表情を浮かべた(AP) 9月7日、訪問先のロシア極東ウラジオストクでの経済フォーラムに参加した文在寅大統領。北朝鮮との対話路線の限界が露呈し、中国との関係も悪化する中で、憮然とした表情を浮かべた(AP)

 中国の経済報復に対し、韓国政府は世界貿易機関(WTO)への提訴も選択肢の一つに考えていたが、断念したようだ。筆者としては、やり返すべきところだが、韓国政府は「国益」を考慮し、そこまでは踏み切れないという。

 そんな韓国の足元を中国は十分見透かしている。言うことを聞かず韓国にTHAADを配備されたからには、容赦はしないだろう。

 「キムチばかり食べて頭がおかしくなったのか」「大国間の勢力争いの中を漂う浮草」「寺や教会が多いのだから、韓国はその中で祈っていろ」(中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の社説)と中国は韓国をなめきっている。

 韓国が誇るキムチまで侮辱されたことに、「非常に下品な言葉」「中国共産党指導部の水準そのもの」(朝鮮日報)、「特有の暴言を吐いた」(中央日報)など韓国メディアは一斉に猛反発した。この感情的で素直な反応も韓国らしいのだが、「中国による国を挙げての報復は始まったばかり」(東亜日報)だ。韓国は、なすすべがなく、もどかしさにさいなまれている。

日本に接近したい

 ソウルで第三者として中韓両国を眺めていて、これまで感じていたのは、韓国は中国の手のひらの上で転がされ、喜ばされ続けてきたということだ。中国は相変わらず韓国を見透かし、ちょろいものだと根底からなめている。THAAD配備への報復を通し、韓国はようやく中国の「えげつなさ」を肌で感じ、分かり始めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」
  • 反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

関連トピックス

「ニュース」のランキング