産経ニュース

【スポーツ異聞】WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース

巨人のエース菅野にはWBCの悪影響はなかった(山田喜貴撮影) 巨人のエース菅野にはWBCの悪影響はなかった(山田喜貴撮影)

 2017年シーズンのプロ野球は佳境を迎えつつあり、セ・リーグが広島の37年ぶりの連覇、パ・リーグはソフトバンクが2年ぶり18度目のリーグ優勝(1リーグ時代を含めると20度目)を決めた。

 ペナントレースは終盤で残る興味は、クライマックスシリーズ(CS)争いと、個人タイトルを残すのみとなったが、両リーグのシーズンを振り返ると、3月の国別対抗戦、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の激戦が色濃くペナントレースに爪跡を残すことになった。

 まず言えるのは、野手よりも投手陣がWBCの影響をもろに受けたこと。そのため、主力投手を派遣したチームが不利に働いたことだ。繰り返しになるが、WBCの公認球は日本のボールよりも一回り大きく、滑りやすいため、投手陣は一様に扱いに戸惑った。

 それを踏まえた上で、今年のペナントレースを振り返ってみたい。

 まずは、セ・リーグ。広島が独走で優勝を飾ったが、投手陣は侍ジャパンに1人も選ばれなかった。昨年、16勝をマークした野村祐輔(28)が落選。その野村以上に、薮田和樹(25)が14勝と稼ぎ頭になり、岡田明丈(23)、大瀬良大地(26)らが台頭、打者はともかく、投手に限ればWBCの影響は全くなかった、といっていい。

続きを読む

このニュースの写真

  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース
  • WBCがなかったらどうなった!? 侍ジャパンの爪跡が色濃く出た2017年ペナントレース

関連トピックス

「ニュース」のランキング