産経ニュース

早実・清宮幸太郎会見詳報(全文) 「次の大きな夢に挑戦」「先輩の王さんの記録(868本)は目標となる数字」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


早実・清宮幸太郎会見詳報(全文) 「次の大きな夢に挑戦」「先輩の王さんの記録(868本)は目標となる数字」

会見を終え退席する、プロ入りを表明した早稲田実業の清宮幸太郎内野手=9月22日、東京都国分寺市の早稲田実業学校(早坂洋祐撮影)  会見を終え退席する、プロ入りを表明した早稲田実業の清宮幸太郎内野手=9月22日、東京都国分寺市の早稲田実業学校(早坂洋祐撮影) 

 高校野球で歴代最多とされる111本塁打を放った強打者で、プロ志望か、大学進学かが注目された東京・早実高3年の清宮幸太郎選手(18)が22日、東京都内で記者会見に臨んだ。清宮選手は制服姿で、藁谷友紀校長や硬式野球部の和泉実監督らと登壇し、最初に自らの口で進路について話した。

 「私、清宮幸太郎はプロ野球志望届を提出することに決めました。野球を始めたときから、目の前の目標や、夢を叶えることに幸せを感じてきました。

 小さい頃は試合に出る喜び、ライバルとの対決に勝つ喜び、負ける悔しさを学ぶ普通の野球少年でした。しかし年を重ねるうちに、一つずつ夢のステージが上がっていることを実感し、ここ早実野球部の3年間で、次の大きな夢に挑戦すべきだという確信に至りました。

 プロの世界の厳しさは十分理解しているつもりですが、より高いレベルに身を置き、鍛錬し、努力することで、目の前の目標を1つ1つクリアしていきたいと思います。よろしくお願いします」

 《会見の冒頭、プロ志望を表明した東京・早実高3年の清宮幸太郎選手。多くのフラッシュを浴びながら、質疑応答に応じた》

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング