産経ニュース

【水内茂幸の野党ウオッチ】クモの糸は欲しいけど…共産党切るのか共闘か どちらでも混乱・民進試される前原誠司代表

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【水内茂幸の野党ウオッチ】
クモの糸は欲しいけど…共産党切るのか共闘か どちらでも混乱・民進試される前原誠司代表

新執行部のあいさつ回りで共産党を訪れ、志位和夫委員長(右)と握手を交わす民進党の前原誠司代表。このときはがっちり握手したが…=9月8日、国会内(斎藤良雄撮影) 新執行部のあいさつ回りで共産党を訪れ、志位和夫委員長(右)と握手を交わす民進党の前原誠司代表。このときはがっちり握手したが…=9月8日、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の前原誠司代表(55)の真価が問われるときがやってきた。10月の衆院選実施が確実となり、前原氏が忌避してきた共産党との選挙協力に踏み切るのかどうか、早急に決断を迫られているからだ。前原氏は党代表選で、共産党とは国の根幹政策が異なることを踏まえ、選挙協力を「是非も含め見直す」と明言していたが、最近は発言が後退している。判断によっては「離党ドミノ」どころか「解党→社民党化」の危機に直面するが、なかなか前原氏の腰は定まらない。

 「政権選択の選挙においては、基本的な理念政策を考えながら他党との協力は考える。その一言に尽きる」

 前原氏は18日、民共共闘の行方を記者団に問われるとこう述べ、微妙な物言いに終始した。逆に「自民、公明両党は(当選者1人の)小選挙区に候補を1人で立ててくる。われわれもバラバラより1人の方がいいという中で、どう判断するかは今後議論したい」とも語り、候補者調整のメリットに言及した。

 民共共闘の見直しは、前原氏が代表選を制した最大の勝因でもある。選挙戦では、共闘路線を進めた蓮舫前執行部を「共闘に舵を切りすぎた」と批判し、「共産党は綱領に日米安全保障条約の廃棄を掲げる政党で消費税をめぐる考えもまったく違う。そういう政党と選挙協力できますか」と訴えていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • クモの糸は欲しいけど…共産党切るのか共闘か どちらでも混乱・民進試される前原誠司代表
  • クモの糸は欲しいけど…共産党切るのか共闘か どちらでも混乱・民進試される前原誠司代表

「ニュース」のランキング