産経ニュース

【スポーツ異聞】U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

カナダで行われた野球U-18W杯で日本は3位に終わり、清宮(右)は観戦に来た母、幸世さんと抱き合った(矢島康弘撮影) カナダで行われた野球U-18W杯で日本は3位に終わり、清宮(右)は観戦に来た母、幸世さんと抱き合った(矢島康弘撮影)

 同じように、大会期間中、ネット裏から見守った米スカウトからは、清宮のハートを問う声が相次いだようだ。共同通信によると、米国では「プロになる気持ちの準備ができているか」を重視するという。大学進学に未練を残すようだとプロとして大成するのは難しいと感じるのは日米共通だ。

 高校生のプロ志望提出期間はドラフト会議の2週間前の10月12日まで。ドラフト会議は26日に開催される。果たして、家族会議での結論は? ファンならずとも注目は集まる。

 ■清宮幸太郎(きよみや・こうたろう) 1999年5月25日、東京都生まれ。早実初等部時代から硬式でプレー、リトルリーグで活躍した。早実高入学後は1年からスラッガーとしてならし、甲子園には1年夏と3年春の2回出場。高校通算111本塁打は最多記録とされる。2017年9月に開催されたU-18W杯で主将を務め、3位に導いた。今秋のドラフトの目玉の1人で進路表明が注目されている。184センチ、100キロ、右投げ左打ち。父は早大ラグビー部出身で、現在トップリーグのヤマハで監督を務める克幸氏。

このニュースの写真

  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 
  • U-18W杯で輝けなかった清宮幸太郎 それでも熱視線、注目の進路は? 

関連トピックス

「ニュース」のランキング