産経ニュース

核シェルターに熱視線 地下型、家庭型…北朝鮮の挑発で変わる国民意識 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


核シェルターに熱視線 地下型、家庭型…北朝鮮の挑発で変わる国民意識 

地下型核シェルターの一例。防爆、除染の機能があり、水や食料の備蓄スペース、簡易トイレなど生活機能も兼ね備えている(ワールドネットインターナショナル提供) 地下型核シェルターの一例。防爆、除染の機能があり、水や食料の備蓄スペース、簡易トイレなど生活機能も兼ね備えている(ワールドネットインターナショナル提供)

 ちなみにソ連との冷戦を経た核シェルター先進国の米国では、ゴルフ練習場やプール、アスレチックなどを備えたタイプ、地下15階の分譲式マンションで70人が5年間以上にわたって“快適”に生活できるタイプなども存在するというから驚きだ。

有害物質99%除去

 ただ、北朝鮮が“暴挙”に出るとしても、それはいつになるかは分からない。そのため、工事に時間を要さない、地下型で使う空気清浄機を自宅の一室に設置する手軽な「家庭用核シェルター」への関心も高い。

 核シェルターを取り扱うワールドネットインターナショナル(東京都港区)によると、空気清浄機の主力商品は、エアコンのような見た目のイスラエル製「レインボー36V」。幅68センチ、高さ41センチ、奥行き22センチで、6~8帖まで対応可能だ。価格は280万、設置工事は約1時間で終わる。

 ミサイルが近くに着弾した場合の爆風などは防げないが、フィルターで放射性物質、細菌、毒ガスを99%以上除去。さらに絶えず浄化した外気を取り込んで内部の気圧を高くし、わずかな隙間からも有害物質が入りにくくなる仕組みだ。

 同社では3月まで月1~2件程度の問い合わせだったが、安倍晋三首相が国会で「(北朝鮮は)サリンを弾頭につけて着弾させる能力を保有している可能性がある」と発言した4月からは約50件に急増という。

 同機器を取り扱う西本社長も「創業以来55年間で10台しか売れなかったが、話題になってからすでに15台ほど売れた」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 核シェルターに熱視線 地下型、家庭型…北朝鮮の挑発で変わる国民意識 
  • 核シェルターに熱視線 地下型、家庭型…北朝鮮の挑発で変わる国民意識 

「ニュース」のランキング