産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】北の暴挙、言葉の抗議に無力感…「非核三原則」見直しが抑止力になる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
北の暴挙、言葉の抗議に無力感…「非核三原則」見直しが抑止力になる

北朝鮮のミサイル発射を受けて首相官邸に入り、記者団の質問に答える安倍晋三首相=9月15日午前、首相官邸(酒巻俊介撮影) 北朝鮮のミサイル発射を受けて首相官邸に入り、記者団の質問に答える安倍晋三首相=9月15日午前、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 「日本も核を持たないし、使わないから北朝鮮も放棄しろと迫ることが一番説得力を持つ」(共産党の小池晃書記局長、13日の西日本新聞主催の講演)

 「緊張感を煽(あお)り、敵愾(てきがい)心を燃やすより、国民に平和を与えることだ。ミサイルが飛んで来ない環境を作ることだ」(鳩山由紀夫元首相、15日のツイッター)

 日本国内ではこんな能天気な空論も飛び交うが、そもそも北朝鮮は今、日本との対話など求めていない。

 結局、「力の信奉者」である北朝鮮に対しては、ミサイル防衛システムの強化とともに、自前の抑止力を持ち、示すしかない。

 最低限でも、歴代内閣が合憲としてきた敵基地攻撃能力の保有は急がなければならない。これはもはや、日常的に武力攻撃を受ける不安にさらされている国民に対する政治の義務だといえる。これ以上の不作為は許されない。

 さらに、「非核三原則」の見直しもタブーなしに議論すべきだ。日本で核の議論を活発化すれば、それ自体が北朝鮮と関係の深い中国への牽制(けんせい)ともなり、一定の抑止力として働く。(阿比留瑠比)

「ニュース」のランキング