産経ニュース

【2018平昌五輪】IOCの意向沿えずに韓国側が“ダメ出し”された 閉幕後の利用計画に重大懸念

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【2018平昌五輪】
IOCの意向沿えずに韓国側が“ダメ出し”された 閉幕後の利用計画に重大懸念

グニラ・ランドベリ調整委員長(左から2人目)は平昌五輪の競技場を9度にわたって視察し、注文をつけてきた。開幕が迫るこの時期に、またもダメ出しを出す事態に歯がみしたくなる思いだろう(AP) グニラ・ランドベリ調整委員長(左から2人目)は平昌五輪の競技場を9度にわたって視察し、注文をつけてきた。開幕が迫るこの時期に、またもダメ出しを出す事態に歯がみしたくなる思いだろう(AP)

 一方、旌善アルペン競技場は事業費が当初から57%近く増額され、1723億ウォン(約172億円)が支出された。民間資本の誘致などを通じてスキー場として活用する案が検討されている段階という。

 五輪組織委員会は7月に事後利用計画が確定していない、この2つの競技場に関して「どのように活用するか協議中」と答えていた。リンドベリ調整委員長は7月末までに事後利用計画の策定を「望んでいた」と述べており、韓国サイドはIOCの意向に沿えなかった格好だ。調整委員長は「地方自治体や政府にも事後利用計画を提供してほしいと再度お願いした」と、財政が膨張する平昌五輪の財政を考慮し、しっかりした事後計画を立案させ、今後の五輪招致の不安を払拭したい考えをにじませた。

 この事態に、韓国のネットユーザーは閉幕後、「借金地獄で国民全体が苦労するだろう」などと書き込んでいる。

このニュースの写真

  • IOCの意向沿えずに韓国側が“ダメ出し”された 閉幕後の利用計画に重大懸念
  • IOCの意向沿えずに韓国側が“ダメ出し”された 閉幕後の利用計画に重大懸念
  • IOCの意向沿えずに韓国側が“ダメ出し”された 閉幕後の利用計画に重大懸念

「ニュース」のランキング