産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】成功のキーワード「相手の立場になって考える」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
成功のキーワード「相手の立場になって考える」

リクルートスーツを着て就職活動を行う人たち リクルートスーツを着て就職活動を行う人たち

 加えて、ES全体を通して「自分自身はどの様な人なのか」ということが分かるようにしましょう。ESで大切なのは他人に負けない部分、自身の魅力を最大限にアピールすることです。ですので、アピールポイントを多く書くと全体的に内容が薄くなるため、1つのエピソードや自身の最大の魅力を取り上げて、それについて詳しく書いてください

【面接の場合】

 面接では「自身の人柄」「その会社に入りたいという熱意」をESより一層詳しく見られます。集団面接では、他の学生がしていない経験や素晴らしい経歴を持った学生と一緒だと、自信を喪失することもあるでしょう。もちろんその様な人は目に留まりますし、目立ちます。しかし、企業側からすると学生に「職歴」はないため、今までの「結果」ではなく、これから会社で活躍できる、頑張ってくれるかどうかを見ています。つまり、面接では、今まで行った体験はどの様な姿勢で臨んだのか、周囲にどんな風に貢献してきたのかを話せるようにしてください。また、志望動機も企業のことをただ褒めるのではなく企業の特徴を捉えながら「私なら御社でこんな風に活躍できる」ということをアピールしていきましょう。

 また、相手に対する「礼儀」や「マナー」は必須です。ビジネスマナーを身につけ、企業側に好印象を持たれるようにしましょう。

続きを読む

「ニュース」のランキング