産経ニュース

【法廷から】踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【法廷から】
踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 

ポイントで切り替えを行う車両=8月31日、群馬県渋川市(吉原実撮影) ポイントで切り替えを行う車両=8月31日、群馬県渋川市(吉原実撮影)

 スカートばきで

 3駅で犯行に至ったのにも理由がある。

 いずれも人通りの少ない無人駅であることに加え、管理する有人駅が異なる。つまり、「管理する駅が違えば、対応方法に差が出るのでは」と考えたのだ。

 ここまで完璧に映る犯行計画を打ち破ったのは金島駅構内の防犯カメラだった。辺りをふらつく小林被告をしっかりと捉えていた。この時、スカートをはいて券売機付近に現れ、犯行直前になってズボンに着替えるという不可解な行動をとっている。その理由を裁判官らが問うたが、「言いたくありません」と回答を拒否した。弁護士によると、「犯行をごまかすためはなく、趣味のようなもの」だという。

 犯行に及んだ遠因は昨年9月、「体操服に興味があった」という理由で、県内の公立中学校に侵入、Tシャツや短パン、水着など衣類5点を盗み、建造物侵入と窃盗容疑で逮捕された事件にある。この事件で今年1月、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けて以降、小林被告の歯車が狂い始める。小林被告の叔父が裁判で、指導監督に努めることを誓った。だが、思うとおりにコトは運ばなかった。釈放後の小林被告は、「お前は犯罪者になったんだから、行動に気をつけろよ!」といった叔父の激励を「一方的に怒鳴られた」(小林被告)と解釈、妹には「無視され、犯罪者扱いされた」(父親の供述調書)。父親のツテで仕事が見つかるまでの間、ハローワークに通うものの、叔父からは「もう、(仕事が)見つかったと思った」、祖母からは「遊んできたのか」と追い打ちをかけられた結果、イライラを募らせ、そのはけ口を置き石に求めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 
  • 踏み外した人生の“レール” 線路に置き石の「鉄オタ」男の素顔 現場にスカートひらり 

「ニュース」のランキング