産経ニュース

【外交・安保取材の現場から】北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交・安保取材の現場から】
北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 

ロシアのプーチン大統領(右)との会談を終え共同記者発表に臨む安倍晋三首相=7日、ウラジオストク(共同) ロシアのプーチン大統領(右)との会談を終え共同記者発表に臨む安倍晋三首相=7日、ウラジオストク(共同)

 ロシア極東ウラジオストクで7日に開かれた安倍晋三首相(62)とプーチン大統領(64)の日露首脳会談は、北朝鮮が3日に核実験を強行した直後とあって、北朝鮮情勢への対応が主要議題となった。首相は領土問題という難題を抱えながらもプーチン氏と個人的な信頼関係を築き、マルチ(多国間)の首脳会議などの場で頻繁にプーチン氏と会談を重ねてきた。しかし、今回の首脳会談や記者発表などでは立場の異なる北朝鮮対応ですれ違いが目立ち、緊迫した空気が流れた。

 日露両首脳は昨年12月に山口県長門市と東京で行った会談で、北方領土で共同経済活動を実施することに合意した。今回の首脳会談は共同経済活動の具体化がどこまで進むかに焦点が当たっていた。しかし、北朝鮮が3日に核実験を強行したことで東アジア情勢の緊迫度が格段に上がり、首脳会談の焦点は北朝鮮問題となった。

 首相は7日の会談前に「東方経済フォーラム」で行った演説で、こう呼びかけた。

 「北朝鮮がこれまでにない重大かつ差し迫った脅威として国際社会に挑戦してきた。8月29日、北朝鮮は中距離弾道ミサイルを発射し、日本の上空を飛び越えさせた。9月3日、北朝鮮は、ここウラジオストクからわずか300キロメートルの地点で6度目の核実験を強行し、爆発の規模は過去を顕著に上回るものだった」

続きを読む

このニュースの写真

  • 北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 
  • 北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 
  • 北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 
  • 北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 
  • 北核実験で張り詰めた日露首脳会談 立場食い違いに緊張走る 

関連トピックス

「ニュース」のランキング