産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉】久々に「文春砲」炸裂  密会週4回とは自覚なさ過ぎる山尾志桜里氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈634〉】
久々に「文春砲」炸裂  密会週4回とは自覚なさ過ぎる山尾志桜里氏

離党を表明、記者団に囲まれて国会を後にする山尾志桜里衆院議員=9月7日午後、国会内(納冨康撮影) 離党を表明、記者団に囲まれて国会を後にする山尾志桜里衆院議員=9月7日午後、国会内(納冨康撮影)

 久々に「文春砲」炸裂(さくれつ)。それも超弩級(ちょうどきゅう)。タイミングもこれ以上ないというほど絶妙。

 『週刊文春』(9月14日号)「山尾志桜里 イケメン弁護士と『お泊まり禁断愛』」

 高級ホテルや男性のマンションに出入りするところを何度も写真に撮られているのだから、志桜里サン、言い逃れのしようもあるまい。

 民進党幹事長に内定した人事が4日にひっくり返った。〈実は、山尾氏の人事が変更されたのは、本誌取材班が彼女を直撃した翌日だった〉

 育休不倫の宮崎謙介議員を「ゆるみ、たるみ、おごり」「悪いことしておきながら涙目で」などと厳しく批判していた言葉、今、全部、自らに返ってきたというわけだ。

 それにしても代表選の最中も含め、週四回も密会とはあまりにも自覚がなさ過ぎる。

 これも山尾流に言えば、

 「不倫バレた。民進党死ね!」

続きを読む

このニュースの写真

  • 久々に「文春砲」炸裂  密会週4回とは自覚なさ過ぎる山尾志桜里氏
  • 久々に「文春砲」炸裂  密会週4回とは自覚なさ過ぎる山尾志桜里氏

「ニュース」のランキング