産経ニュース

【スポーツ異聞】意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価

通算本塁打が110号に到達した清宮。W杯で評価はどう変わるか(矢島康弘撮影) 通算本塁打が110号に到達した清宮。W杯で評価はどう変わるか(矢島康弘撮影)

 本塁打の数が、プロでの活躍に直結するものではないのは明らか。現に、高校通算107本塁打の山本大貴はプロ入りさえしてはいない。一方、松井秀喜氏(元巨人、ヤンキースなど)は星陵(石川)時代に60本塁打。阿部慎之助(巨人)は安田学園(東京)時代38本塁打。今季、パ・リーグで本塁打王争いを繰り広げる柳田悠岐(ソフトバンク)は広島商でわずか11本塁打しか打っていない。もちろん、数が多いにこしたことはないが、清宮がプロ野球でも、アーティストとしてガンガン、スタンドへ放り込むとは限らない。

 安田は188センチ、95キロのビッグサイズで、清宮(184センチ、101キロ)を上回る体格は魅力だが、どう成長するかは未知数だ。

 今秋のドラフト候補では、大学生、社会人に即戦力の左腕がめじろ押し。立命館大の左腕、東克樹(あずま・かつき)投手は150キロ超の速球が武器で、ノーヒットノーランを達成したこともある。早くも1位候補としてリストアップしている球団もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価
  • 意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価
  • 意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価
  • 意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価
  • 意外な弱点も 清宮幸太郎、中村奨成、安田尚憲…高校ビッグ3の揺れる評価

関連トピックス

「ニュース」のランキング