産経ニュース

【スポーツ異聞】「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード

韓国(左)はウズベキスタンとスコアレスドロー。辛うじてW杯出場権を手に入れた(AP) 韓国(左)はウズベキスタンとスコアレスドロー。辛うじてW杯出場権を手に入れた(AP)

 後半になると、ウズベキスタンは疲労から足が止まり、韓国は持ち味の細かいパスが通りやすくなり、前半より好機を演出した。ところが、シュートに正確性を欠き、相手GKの好守やゴールポストに阻まれて、無得点に終わった。

 朝鮮日報は、勝ち点2差で迫るライバル、シリアがアウェー戦で「引き分けたのが幸運だった」と指摘した。韓国メディアは負けたら終わりの今回のウズベキスタン戦を「ギロチンマッチ」と物騒な名称で呼んでいた。つまり、負ければ刑場に連れられていくほど重要な試合ということだと中央日報は説いていた。それなのに、スコアレスドロー。韓国は今回の最終予選で5回のアウェー戦を消化したが、2分け3敗を喫し「ホームでしか勝てないチーム」という汚名をつけられることになったと朝鮮日報は伝えた。

 お粗末なおまけもついた。最終戦までもつれただけに勝敗に加え、得失点差という細かな条件が取り沙汰された。韓国は引き分けて勝ち点1を得て、総勝ち点を15にした。シリアがイランに勝てば同15で得失点差が問われる。引き分けならば同13で韓国の2位が確定する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード
  • 「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード
  • 「ギロチンマッチ」でW杯に滑り込んだサッカー韓国代表 胴上げフライング? 本戦は諦めムード

「ニュース」のランキング