産経ニュース

【スポーツ異聞】新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か

東京五輪の主要な会場 東京五輪の主要な会場

 “無用の長物”になってしまうのではないか-。スポーツ団体の関係者からこんな声がささやかれ始めている。東京・明治神宮外苑に建設中の新国立競技場のことである。

 2020年東京夏季五輪・パラリンピックのメイン会場。総工費1490億円をかけて建設中の8万人収容の大スタジアムだ。デザインをめぐって、一度はザハ・ハディド氏の斬新な案に決まりながら、工費が高額になると“待った”がかかり、すったもんだの末、現在の案で落ち着いたことで記憶している方も多いだろう。

 五輪期間中は、開閉会式とともに、陸上競技場の会場として使用される。サッカーでも検討されているが、芝を養生させなければいけない問題もあり、難しいようだ。

 それはさておき、問題は五輪の後、どうするかである。運営費が巨額になるため、収入がないと赤字になる可能性がある。新国立の後利用や運営を検討するスポーツ庁の作業部会では陸上トラックを取り払い、サッカーやラグビーの球技専用競技場とすることで一致した。トラック部分もスタンドを入れることで、収容人員を6万8000人から8万人にするという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か
  • 新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か
  • 新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か
  • 新国立競技場は後利用に不安 サッカーやラグビーだけでは無用の長物か

「ニュース」のランキング