産経ニュース

【北朝鮮危機・トランプの選択】消えゆく外交的解決…マティス米国防長官「脅威なら大規模反撃」明言 北取引国との貿易停止措置が分岐点か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北朝鮮危機・トランプの選択】
消えゆく外交的解決…マティス米国防長官「脅威なら大規模反撃」明言 北取引国との貿易停止措置が分岐点か

3日、米ワシントンのホワイトハウスで、声明を発表するマティス国防長官(左)とダンフォード統合参謀本部議長(AP) 3日、米ワシントンのホワイトハウスで、声明を発表するマティス国防長官(左)とダンフォード統合参謀本部議長(AP)

 「北朝鮮を抹殺しようとしているわけではないが、そうするための選択肢は数多くある」

 3日午後。マティス国防長官は、北朝鮮による「水爆」実験を受けてトランプ大統領が招集した約3時間にわたる緊急会議の後、ホワイトハウスで記者団に言明した。

 ダンフォード統合参謀本部議長を横に従えて声明を読み上げたマティス氏は、北朝鮮が米本土やグアムなどの米領、同盟諸国を攻撃するなど「直接の脅威」にさらした場合は「有効かつ圧倒的な大規模軍事反撃に見舞われるだろう」とも強調した。

 一連の激烈な警告は、ケネディ政権が旧ソ連との核戦争の瀬戸際に立たされた1962年のキューバ危機以来の「異例の発言」として、米国内でも衝撃をもって受け止められた。

 トランプ氏は会議でマティス氏に対し、現時点で米軍が用意している「多数の軍事的選択肢」の詳細について、一つ一つ説明するよう要請した。

 米軍は、グアムのアンダーセン空軍基地に配備しているB1爆撃機によって、命令さえあれば2時間以内に北朝鮮の核・ミサイル施設を攻撃できる態勢を維持する。また、部隊を東アジア地域に大規模増派しなくても在韓米軍と在日米軍で北朝鮮有事に即応できる準備を整えている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 消えゆく外交的解決…マティス米国防長官「脅威なら大規模反撃」明言 北取引国との貿易停止措置が分岐点か

「ニュース」のランキング