産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】問われる社会人になってから「自分が本当にやりたいことは何か」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
問われる社会人になってから「自分が本当にやりたいことは何か」

リクルートスーツを着て就職活動を行う女性ら=大阪市中央区 リクルートスーツを着て就職活動を行う女性ら=大阪市中央区

 最後に3つ目、それは「やりたいことは簡単には見つからない」ということです。

 就職活動では短期間でやることが多く、効率よく進めようとします。そのため、自己分析も効率を求め早く答えを出そうとします。しかし、上述したように社会人でも「やりたいこと」を探している人は多いのです。そんな簡単には見つからないということです。一時的な自己分析ではなく、継続性を持ち続けてほしいと思います。

 少しでも思ったことがあるなら行動しましょう。OB・OG訪問やインターンシップ、説明会に参加して「やりたいことは何か」を確認しましょう。そうすることで少しずつ具現化してきます。

 やりたいことが分からない、と言っている人は、意外と自分で自分の可能性を閉ざしていることが多いです。やりたいことが本当はあるのに、自ら否定して「やりたいことが分からない」と悩んでいるケースが少なくありません。漠然としていても現実的でなくても良いです。自分の中で「やりたいこと」を自分で認めることです。そして、認めたことを少しずつ試していく。これを繰り返すことで、少しずつ「やりたいこと」が明確になっていくのです。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

「ニュース」のランキング