産経ニュース

【経済インサイド】将来性見えず…世界最大の自動車市場・中国に起きる「2018年問題」中国製電池の炎上も?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
将来性見えず…世界最大の自動車市場・中国に起きる「2018年問題」中国製電池の炎上も?

上海モーターショーに出展し注目を集めた中国電気自動車(EV)ベンチャー、蔚来汽車(ネクスト EV)=4月19日、上海市 上海モーターショーに出展し注目を集めた中国電気自動車(EV)ベンチャー、蔚来汽車(ネクスト EV)=4月19日、上海市

 2009年に米国を抜き、昨年は米国の約1.6倍、日本の約5.6倍と、世界最大の自動車市場になった中国で「2018年問題」が浮上している。

 電気自動車(EV)など環境対応車を一定の割合で生産しなければ、ガソリン車の販売を認めない「新エネルギー車(NEV)規制」が導入される見通しだからだ。日本勢が得意とするハイブリッド車(HV)を新エネ車対象から除外するなど、中国政府は、「NEV規制」を国内メーカーを育成する産業政策の「切り札」にする考えだ。

 深刻化する大気汚染など環境問題への対応に加え、日米欧など海外メーカー系が牽引(けんいん)する市場で、国内メーカーに主導権を握らせたいとの狙いがある。

大半は地場メーカー

 EVとプラグインハイブリッド車(PHV)を主な「新エネ車」と規定している中国は、これまで補助金制度やナンバープレート規制から外す優遇措置などを相次ぎ導入してきた。16年のNEV販売台数は約50万7000台で、前年比53%増だった。

 一方、NEV販売の大半は中国地場メーカー製。業界団体はNEV市場が20年までに200万台になると見込んでいる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 将来性見えず…世界最大の自動車市場・中国に起きる「2018年問題」中国製電池の炎上も?
  • 将来性見えず…世界最大の自動車市場・中国に起きる「2018年問題」中国製電池の炎上も?

「ニュース」のランキング