産経ニュース

【野党ウオッチ】盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか

民進党代表選に向け、選挙事務所開きを行った前原誠司元外相=8月16日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影) 民進党代表選に向け、選挙事務所開きを行った前原誠司元外相=8月16日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 民進党代表選が21日に告示される。9月1日の投開票に向け、いまひとつ盛り上がりに欠ける感は否めないが、目をこらしてみると、争点には(1)憲法(2)共産党(3)解党の是非-という3つの「K」が浮かび上がる。自民党と政権交代を争える党に戻れるのかどうか。民進党に対する国民の視線は冷め切っているだけに、これが党として「ラストチャンス」の論戦ともなりそうだ。

憲法

 政策的にも政局的も、最大の争点は憲法9条の改正問題だろう。

 本来、民進党は綱領に「象徴天皇制のもと、新しい人権、統治機構改革など時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想する」とうたう改憲政党だ。しかし党では岡田克也前代表(64)のころから、憲法の全条項厳守を掲げる共産党との選挙協力を念頭に「安倍晋三政権下での改憲反対」と具体論に踏み出すことを避けてきた。

 党内では、改憲論を避ける党運営に不満がたまっている。細野豪志元環境相(46)は昨年の代表選で、蓮舫氏(49)を支持するにあたり、改憲に関する党の考え方をまとめることを条件に支持したというが、蓮舫氏が約束を反故にしたことが離党の一因になった。長島昭久衆院議員(55)も離党(結果は除籍)の理由に改憲議論の脆弱さを挙げている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか
  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか
  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか
  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか
  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか
  • 盛り上がらないまま告示 民進代表選で争点に浮かぶ3つの「K」とは? 党最後の論戦の始まりか

「ニュース」のランキング