産経ニュース

【赤字のお仕事】“このハゲー”発言で「一世を風靡」? 「折り紙付き」の不良? 慣用表現は適切に

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【赤字のお仕事】
“このハゲー”発言で「一世を風靡」? 「折り紙付き」の不良? 慣用表現は適切に

 今年の7月は台風の発生が8個で、7月としては過去最多タイだったそうです。だからといって、「台風の当たり年」のように表記するのはいけません。

 「当たり年」は「収穫や利益の多い年。転じて縁起のよい年」のこと。ですから地震や台風など、好ましくないことに使うのは不適切なのです。「台風の多い年(月)」というような表現にします。

 先日、出稿された記事の中に、自民党を離党した衆議院議員に対して「『このハゲー』発言で一世を風靡(ふうび)した」という表現がありました。

 人に向かって「ハゲー」というのも大いに問題がありますが、その後の表現にひっかかりました。

 「一世を風靡する」という慣用句についてです。

 その意味は、「ある時代にその名声を知らぬ人がないほど有名になる」(広辞苑)ということですから、 たとえば、

 「亡くなった平尾昌晃さんは、ロカビリー歌手として一世を風靡した後、作曲家に転身」

 「一世を風靡した家庭用ゲーム機『ファミリーコンピュータ』が30年ぶりに“復活”した」

 など、「良い意味で有名になる」といった意味で使うのが妥当で、「悪名が高い」場合には用いません。

続きを読む

「ニュース」のランキング