産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈631〉】各誌合併号で必読は「ニューズウィーク日本版」の「2050日本の未来予想図」だけ…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング〈631〉】
各誌合併号で必読は「ニューズウィーク日本版」の「2050日本の未来予想図」だけ…

報道陣の前で頭を下げる自民党の今井絵理子氏。「一線は越えていない」は「不倫は文化」に続く名コピー… 報道陣の前で頭を下げる自民党の今井絵理子氏。「一線は越えていない」は「不倫は文化」に続く名コピー…

 各誌、合併号の続き。

 スクープ+大型ワイド特集というのは合併号の定番。

 『週刊文春』(8月17日・24日夏の特大号)が「なかったことにするな!」で31本。『週刊新潮』(8月17・24日夏季特大号)が「『おんな城主』槿花一日の栄」で18本。

 どちらも、ま、たわいのない話を並べているが、『新潮』の方が切れ味は鋭い。たとえば、

 「赤字63億円『大塚家具』久美子社長は年内で内部留保が溶ける」。

 7月28日に公表された、今年12月までの「業績予想の修正」が〈驚愕(きょうがく)の数字〉だったという。

 〈「これまでは今年1月から12月までの通年業績予想を純利益3億円強の黒字と見込んでいました。ところが、一転して63億円の赤字に転落すると修正した」(経済部記者)〉

 低価格路線、店舗の小型化など久美子社長の戦略がことごとく失敗というのだから、“落城”も近い!?

続きを読む

「ニュース」のランキング