産経ニュース

【スポーツ異聞】文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト

1回戦の波佐見(長崎)戦をサヨナラ勝ちした彦根東(滋賀)は200年の歴史を誇る進学校(須谷友郁撮影) 1回戦の波佐見(長崎)戦をサヨナラ勝ちした彦根東(滋賀)は200年の歴史を誇る進学校(須谷友郁撮影)

 今年で99回目の夏の甲子園大会、全国高校野球選手権大会。プロ注目のスラッガー、清宮幸太郎内野手(18)を擁する早実(西東京)が不在なのは寂しいが、連日、熱戦を繰り広げている。テレビにかじりつくファンの手助けになれば、とアラカルトあれこれを拾ってみた。(資料は週刊朝日増刊「甲子園2017」を参考にしました)

(1)進学校躍進

 8月8日の開幕カードで、劇的なサヨナラ勝ち。春夏を通じ初勝利を飾った滋賀県立彦根東は彦根藩藩校にルーツがある200年の歴史を誇る「超」のつく伝統校。県内、屈指の進学校でもあり、同高のホームページによると、今春は京大10人、東大1人、大阪大18人をはじめ、国公立大に計210人合格した。OBにはジャーナリストの田原総一朗氏や民進党を離党して注目を集める細野豪志氏(衆議院議員)らがいる。

 初戦で敗れたが、福岡県の公立校として21年ぶりの甲子園出場を果たした県立東筑は北九州市内で県立小倉と優秀さを二分する進学校。同高の公式ホームページによると、今春、九州大59人、京大8人など国公立大に209人も合格している。

 明治31(1898)年開校。夏の甲子園6回出場と野球も強く、オリックスで監督を務めた仰木彬氏もOBだ。卒業生も多士済々で、俳優の高倉健氏、芥川賞作家の平野啓一郎氏ら個性的な人物を輩出している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト
  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト
  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト
  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト
  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト
  • 文武両道の彦根東、部員数最多は広陵、最少は智弁和歌山、最高身長は193センチ…夏の甲子園アラカルト

「ニュース」のランキング