産経ニュース

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】
どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

 朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)  朝鮮中央テレビが4日放映した、ICBM「火星14」の発射実験に立ち会った金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)

 金正恩氏はこの成功体験をどう判断するのか。ただ、シリアへの巡航ミサイル攻撃を躊躇なく命じたトランプ政権は、歴代米政権と毛色が全く違う。

■ポイント3 時間は北朝鮮に味方する

 米国のマティス国防長官は「北朝鮮が米国をミサイル攻撃すれば戦争になる」と述べ、グアム周辺の海域に着弾した場合は「大統領が判断する」として含みを残した。韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相は北朝鮮がグアム周辺にミサイルを発射する可能性を「非常に低いと思う」と楽観的な判断を示したが、米研究者は「核保有で北朝鮮は譲歩しないだろう。米朝交渉は、最終局面を対話で解決するのは至難の業」と話している。時間は北朝鮮に有利だ。緊張が緩和することは、北朝鮮の核ミサイルの技術進捗を意味している。

このニュースの写真

  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント
  • どうなるグアム危機 米朝駆け引きの3つのポイント

「ニュース」のランキング