産経ニュース

【田村秀男の日曜経済講座】「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【田村秀男の日曜経済講座】
「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり

 問題は今年度、さらに編成準備に入った来年度予算である。今年度当初予算を前年度決算と比較すると、グラフが示すように民主党政権末期のような大型緊縮になり、せっかく軌道に乗りかけた景気を冷やし、脱デフレどころではなくなるだろう。

 与党内部から今年度も大型補正予算を求める声が出るのは無理もない。それでも、当初予算で緊縮し、補正で追加するのはいかにも場当たり的、泥縄式だ。当初予算こそが重要だ。まず支出削減ありきの予算編成は不毛な結果しか生まない。企業は内需の先行きを見通せないと賃上げや雇用に慎重にならざるをえないし、消費者は将来に不安を抱く。

 中長期的なプログラムに基づき教育、防衛、基礎研究、防災インフラに支出を回し、若手を育て、安全を確保しつつ経済成長の道筋を明示する。そのためには国債増発もためらうべきではない。実体経済に回らず、たまる一方のカネは企業の利益剰余金、銀行の日銀当座預金合わせて700兆円を超える。その一部、100兆円を政府が吸い上げ、財源にする。経済再生のための100兆円プラン、経済敗戦から抜け出すのは政治の意思次第なのだ。

(編集委員)

このニュースの写真

  • 「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり
  • 「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり
  • 「経済敗戦」に終止符を 成否の鍵は財政出動にあり

「ニュース」のランキング