産経ニュース

【クローズアップ科学】天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【クローズアップ科学】
天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…

東京スカイツリーの高さ458メートル地点で、霧や雨粒の計測装置を示す研究者=平成29年7月31日、東京都墨田区(草下健夫撮影) 東京スカイツリーの高さ458メートル地点で、霧や雨粒の計測装置を示す研究者=平成29年7月31日、東京都墨田区(草下健夫撮影)

 一方、防災科研が別に研究中の雲レーダーでは、雨粒に発達する前の雲粒を電波の強さの形で検出できる。ただ電波の強さと、実際の雲の状態との対応関係の解明は不十分。天気予報に役立つレベルには達していない。

 そこで、雲レーダーでツリー付近の雲粒を観測するのと同時に、ツリーでは雲粒の性質を調べ、それぞれの対応関係を探っている。将来、ゲリラ豪雨などの早期予測に役立つと期待される。

 大気を浮遊する微粒子も観測中だ。微粒子には雲粒を凍らせる働きがある。砂粒だけでなくバクテリアなどの微生物も含まれることが分かっており、微粒子の個数や微生物の種類を調べている。

■雷を62回も観測

 再び乗ったエレベーターを降りると「ここから先、高い所が苦手な方は無理をしないでいただければ」と広報担当者が念押しした。見上げると、らせん階段が続いている。恐る恐る昇りきるとさらに、ほぼ垂直のはしごが待っていた。わざわざ安全帯を装着した意味が、ようやく分かった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…
  • 天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…
  • 天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…
  • 天空の研究拠点 東京スカイツリーの意外な現場 記者が恐る恐る昇ってみると…

「ニュース」のランキング