産経ニュース

【ビジネス解読】東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し

韓国・城南市にあるSKハイニックスの本社内(ロイター) 韓国・城南市にあるSKハイニックスの本社内(ロイター)

 韓国聯合ニュースによると、SKの朴星●(=日の下に立)・副会長は7月12日、議決権取得の要求は変えていないと表明した。SK首脳が東芝メモリの株式取得の意向を認めたのは初めてとみられるが、SKが突然変心したのか、もともとその意向をベインに伝えていたのかはよく分からず、ベインも口をつぐんだままだ。

 ただ、SKグループは韓国の大手財閥では珍しく、M&A(企業の合併・買収)を繰り返して同国3位の巨大財閥にのし上がった経緯がある。ハイニックスも現代、LG両グループの合弁会社を買収して傘下に収めた。それだけに、東芝メモリへの融資を決めた時点で、将来的な経営権奪取を狙っていたとみるべきではないだろうか。

日本側は困惑するが…

 革新機構の志賀俊之会長は7月14日、東京都内で記者団に対し、SKの議決権要求について「(革新機構の)投資方針が承認を得た時点では(SKの参加は)融資で、議決権が入った状態にはなっていなかった」と指摘。その上で、「(枠組みが変われば機構は)支援決定の決議を取り直すことになる」と牽制(けんせい)した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し
  • 東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し
  • 東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し
  • 東芝メモリ売却をめぐる韓国SKハイニックス“変心”の怪 韓国メディアは「日本の世論戦」と被害者意識丸出し

「ニュース」のランキング