産経ニュース

【TVクリップ】女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVクリップ】
女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」

テレビ朝日の「遺留捜査」に出演する栗山千明(飯田英男撮影) テレビ朝日の「遺留捜査」に出演する栗山千明(飯田英男撮影)

 もともと刑事ものやミステリー好き。今回の作品では「台本が上がってくると、泣いちゃいそうになることが多い」と明かす。「遺留品から、犯人だけでなく、人の思いや事件の背景が見えてきて、ジーンとくる。毎回、心温まる話や切なさもあって魅力があります」と語る表情は、一ファンのようにも見える。

 ロケの多い現場で「いろいろなところに行けるのはラッキーですね」と笑う。特に京都という場所柄、風景が「絵になる」と感じることが多いのだとか。糸村の「3分だけ時間をください」という決めぜりふの後に語られる事件の真相や背景など、「内容とのマッチングもとてもすてき」という。

 回が進むにつれて、糸村との関係性は変化しつつある。

 「最終的にはもっとバディ感が出てくると思っています。糸村さんは変わらないと思うので、私の方がどう変わるかでしょうね」と自ら莉緒の変化を楽しみにしている様子だ。(文化部 兼松康)

 〈くりやま・ちあき〉昭和59年生まれ。幼少期からモデルとして活躍し、平成11年の映画「死国」で本格デビュー。クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル Vol.1」では内外で注目を集めた。テレビドラマでは近年、「不機嫌な果実」「コピーフェイス~消された私~」などに主演。今年9月には舞台「ミッドナイト・イン・バリ」に主演するなど多方面で活躍中。

このニュースの写真

  • 女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」
  • 女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」
  • 女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」
  • 女優、栗山千明 人気シリーズの新たな“バディ”に「カッコイイ女性に憧れがあるからうれしい」

「ニュース」のランキング