産経ニュース

【北関東のやぼう・群馬】即席麺で世界の胃袋満たす ノンフライ麺の乾燥技術など特許300件超 製麺機器トップの富士製作所

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北関東のやぼう・群馬】
即席麺で世界の胃袋満たす ノンフライ麺の乾燥技術など特許300件超 製麺機器トップの富士製作所

フライヤーと製造部の小内誠一さん=群馬県藤岡市の冨士製作所(一部画像を加工しています) フライヤーと製造部の小内誠一さん=群馬県藤岡市の冨士製作所(一部画像を加工しています)

 カップラーメンをはじめとした即席麺は世界中で親しまれ、今や“日本食”の一角といえる。その製麺機器で、トップシェアを誇るのが「冨士製作所」(群馬県藤岡市)だ。

 従業員は94人(3月1日現在)と、大きな企業ではない。創業以来の挑戦する姿勢で業界トップに上り詰め、陰ながら世界の胃袋を満たしている。売上高は30億円を下らない水準にあり、現在の世界シェアは推計で50%を誇る。

 即席麺はカップ麺と袋麺に大別され、フライ麺と油で揚げないノンフライ麺の2種-つまり、4通りの組み合わせがある。これら全てに対応した製造ラインの開発、製作ができるのは世界を見渡しても同社だけだ。平成26年3月には、独自性に加え、世界シェアと利益の両立などが評価され、経済産業省から表彰された。

 匠の技で、新技術も多く開発してきた。例えば、ノンフライ麺を乾燥させるために50~60分かかっていたところ、10分の1の5~6分にまで短縮できた。これまで取得した特許も300件を下らないという。

 取引先は菓子メーカーも含め、国内三十数社。少なくとも約1億円の製麺ラインは世界48カ国で稼働し、ラインにして約900台に上る。

 「簡単にNOと言わない」。完全受注生産を貫く同社のモットーだ。3代目の櫻澤誠社長(53)は「むちゃぶりにも応じてきた結果、今がある」と笑う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 即席麺で世界の胃袋満たす ノンフライ麺の乾燥技術など特許300件超 製麺機器トップの富士製作所

「ニュース」のランキング