産経ニュース

【大人の遠足】女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大人の遠足】
女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も

女船頭さんが漕ぐサッパ舟。時季の花を眺めながら水路をのんびり巡る=千葉県香取市扇島の「水郷佐原あやめパーク」 女船頭さんが漕ぐサッパ舟。時季の花を眺めながら水路をのんびり巡る=千葉県香取市扇島の「水郷佐原あやめパーク」

 船頭歴2年目の小林さんは「恐れ多くてできない」と嫁入り舟の船頭経験はまだないというが、20年のベテラン、高塚すぎさん(72)は「何組も夫婦を乗せて漕いだ。昔ながらのとてもいい伝統行事だよ」と話してくれた。

 残念ながら独身の記者は一人でサッパ舟に乗り水路をめぐる。ハナショウブの季節は過ぎたが、園内には四季折々の花が並び、盛夏の候には園内300品種以上のハスが咲き誇り、6日まで「はす祭り」が開催されている。橋をくぐり抜けた先の水路にも幾重のスイレンが浮かび、独り身の寂しさを紛らわせてくれる。

 リニューアルに伴い、園内は改修だけでなくさまざまな施設を新装。約8ヘクタールの敷地内に展望台やハナショウブを模した大型滑り台などの遊具、愛犬が走り回れるドッグランスペースが完成し、家族連れも楽しめるようになっている。

 新設された喫茶店「カフェアイリス」では、市名産のサツマイモを使ったスイーツ「さつま芋とタピオカの冷やし汁粉」(500円)や地産の豚肉や野菜を使った「佐原やさいサラダうどん」(800円)といった食事を楽しめる。

 一番人気は、地元酒造こだわりの仕込み水を使った和風スイーツの「蓮のしずく」(400円)。ゼリー状に固めた仕込み水をスプーンですくって口に入れると、つるりと滑らかでほのかに甘く、夏に似合うさっぱりした味わいが広がる。きな粉と黒蜜に絡めて食べると甘党にはたまらない口溶けに変わる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も
  • 女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も
  • 女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も
  • 女船頭さんの漕ぐサッパ舟で水路散歩 千葉・香取市の水郷佐原あやめパーク 風物詩の嫁入り風景も

「ニュース」のランキング