産経ニュース

【メガプレミアム】「日本と14年間戦って勝った」という中国の弱味 「逃げ回って正解」と公言した毛沢東が邪魔?

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
「日本と14年間戦って勝った」という中国の弱味 「逃げ回って正解」と公言した毛沢東が邪魔?

中国共産党軍を率いた毛沢東・元国家主席(中央)(AP=共同) 中国共産党軍を率いた毛沢東・元国家主席(中央)(AP=共同)

 ところが、(3)段階に当たる1944~45年にかけ、帝國陸軍は50万の兵力で対中戦争最大の作戦《大陸打通作戦》を実行し、戦略目的達成はともかく、作戦通りの地域を占領した。結局、支那派遣軍は1945年の終戦時点でも100万以上の兵力を有し、極めて優勢だった。第二次世界大戦(1939~45年)における帝國陸海軍の戦死者240万人の内、中国戦線での戦死は46万人。(3)で言うところの「反攻」「殲滅」などは夢物語だった。

 数字や持久戦論が何を示唆するかは歴然としている。

 1937年に勃発した支那事変が大東亜戦争へと拡大する中、精強な帝國陸海軍と戦ったのは国民党軍で、共産党系軍は一部が散発的遊撃(ゲリラ)戦に臨んだが、主要戦闘は回避に回避を重ねた。持久戦論で「防御」「対峙」「反攻準備期間」などと繕ってはいるが、何のことはない「非戦」ならぬ「避戦」に徹していたのである。

 共産党軍は帝國陸海軍と国民党軍の戦闘を可能な限り傍観し、戦力温存に専心。同じく帝國陸海軍から逃げ回った国民党軍の《退嬰的戦法》をはるかに凌駕した。わが国の敗北は、米軍の原爆を含む圧倒的軍事力がもたらしたのだった。

 習近平・国家主席は盧溝橋事件77周年の式典で言い放った。

 「歴史の否定や歪曲、美化を決して許さない」

 「『確固たる史実』を無視している」 

 自己批判だと思ったらさにあらず。いつもながらの日本批判であった。けれども、有り難いことに、『確固たる史実』を、毛沢東は持久戦論以外にも残してくれた。

 日本に感謝?した毛沢東

 持久戦論のごとき気取った表現でなくとも、支那事変勃発1カ月半後、毛沢東が中国共産党中央が開催した政治局拡大会議でズバリ本音を公言している。国民党と日本人の殺し合いという共産党の発展にとり絶好機に乗じよ…といった趣旨の檄を飛ばした上で、こう命じた。

 「力の七割はわが党の発展のために使い、二割は(国民党との)妥協のために使う。残りの一割だけを抗日戦争のために使う」 

 ゾッとするのは、以上の毛沢東の命令発出と同じ日、国共合作方針に基づき、国民党軍に共産党軍を編入させている。

 かくして、国民党は大東亜戦争後の国共内戦時、戦力を温存した共産党軍に敗北を喫し、台湾へと追われた。共産党の陰謀に踊らされたのみならず、腐敗した国民党は人民の支持を喪失していた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「日本と14年間戦って勝った」という中国の弱味 「逃げ回って正解」と公言した毛沢東が邪魔?

「ニュース」のランキング